The Boys&Girls

「華の会メール」は中高年や人妻熟女との出会いにおすすめ?口コミや評判、体験談から徹底評価!

Update

華の会メールで本当に人妻や熟女と出会える?30代以上限定の中高年・熟年専用の出会い系サイト「華の会メール」を徹底検証、ベテランユーザーへの口コミ評価の聞き取り調査や一般的な利用者の間での評判、実際に使ってみた体験談、他の出会い系との比較から華の会メールの実態を詳しく調査し、評価しています。

「華の会メール」ってどんな出会い系?

「30代以上の女性と出会いたい!」
「熟女のセフレが欲しい!」

このような方におすすめなのが華の会メールです。

華の会メールは30代以上限定の出会い系サイトで、マッチングアプリにはいないような割り切り・遊び目的の熟女がたくさん登録しています。

ただ、具体的にどんなサイトなのか知らない人もいるかと思います。

・どんな熟女と出会えるのか?
・サクラや業者の危険性はないか?
・華の会メール の実態を詳しく知りたい

そこでこの記事では、このような疑問を抱いている方を主な対象に、華の会メールの口コミ・評判や使い方、利用する際に気をつけるべき点などを徹底解説します。

また、記事の後半では 華の会メール よりも出会いやすいおすすめの出会い系についても紹介していますので、気になる方はそちらもチェックしてみてください。

↓華の会メールよりも出会いやすい出会い系とは?↓
おすすめ出会い系3選へ

中高年専用の出会い系「華の会メール」
「華の会メール」の公式サイト

華の会メールってどんな出会い系?

はじめに、「華の会メールについて何も知らない」という方のために、サイトの基本な情報、概要を紹介します。

  • 30代以上限定の出会い系サイト
  • 月額課金不要のポイント制
  • 婚活・恋活を切り替えられる

30代以上限定の出会い系サイト

華の会メールは30代以上の方や「30代以上と出会いたい」という方に、まさに最適なおすすめの出会い系サイトです。

華の会メールでは、利用者を30代以上の大人~中高年に限定しています。プロフィール検索は「30代前半以上」しか検索できませんし、掲示板を見ても30代以上の女性しかいません。

30代以上限定の出会い系「華の会メール」
華の会メールのプロフィール画面

ハッピーメールやPCMAXなどの大手の出会い系サイトや出会い系アプリは、会員数の約半分が20代という年齢構成になっています。

それに対して、華の会メールは30代以上しか登録できないため、熟女を見つけやすく手っ取り早く出会えるというわけです。

月額課金不要のポイント制

華の会メールは自分の裁量で料金を決められるポイント制の出会い系なのでマッチングアプリと違って安く出会えます。

たとえば、マッチングアプリにも「30代以上限定」「ミドルエイジ中心」といったものもありますが、月額課金しないとメッセージが送れません。

一方で、華の会メールは月額課金の必要がなく、以下の機能を使う場合のみ有料のポイントが必要になるだけです。

  • メール送信:1通100円
  • メール開封:1回20円
  • 掲示板投稿:1回100円
  • 掲示板閲覧:1回20円
  • プロフィール閲覧:1回20円

つまり、1ヶ月に10通しかメールを送らないのであれば、1,000円程度しかかかりません。

このように、使い方次第ではマッチングアプリよりはるかに安く女性と出会える可能性があるのです。

婚活・恋活を切り替えられる

華の会メールは真剣なパートナーを探すこともできます。

婚活・恋活を切り替えられるからです。

のちほど詳しく説明しますが、華の会メールは1つの登録アカウントで2つのサービスを利用できます。

華の会メール
大人の関係、恋活・遊び相手探し用
華の会メールBridal
婚活用

華の会メールと華の会メールBridalはいつでも切替可能です。

華の会メールは遊びと婚活でサービスが別になっている
華の会メールと華の会メールBridal

華の会メールの口コミ・評判 – ベテランユーザーの体験談と意見

華の会メールの基本的な特徴を説明しましたが、大事なのは「本当に出会えるの?」といった点ですよね。

そこで今回もお馴染み出会い系利用歴約20年のベテランユーザー「出会い系オヤジ(@OyaziDeai)」」さんに、華の会メールの出会いや実態についてインタビューしてみました。

華の会メールの良いところ

出会い系オヤジ(@OyaziDeai)さんに「華の会メールの良いところ」を尋ねてみたところ、以下の3点を挙げてくれました。

  • 女性会員の質が高め
  • 30代以上しかいないので気楽
  • 真面目な婚活サービスにも切り替えられる

出会い系オヤジ(@OyaziDeai)さんへの聞き取り調査時のやり取りとともに詳しく紹介します。

華の会メールにも詳しい出会い系オヤジ(@OyaziDeai)さんへ聞き取り調査を実施

はじめに挙げてくれたのが「会員の質が高い」という点です。

出会い系オヤジ(@OyaziDeai)さんが言うように、華の会メールは30代以上の女性しかいないため、全体的に質が高いです。

口コミ・評判を調べてみても「質の高さ」が垣間見えました。

同種のサービスであるハッピーメールやPCMAXは20代が多いため、ドタキャンやリスケ、無断キャンセルの口コミ・評判が非常に多いです。

一方で、華の会メールにドタキャン・無断キャンセルなどの口コミ・評判はありませんでした。

人妻熟女好きには華の会メールは向いているという

出会い系オヤジ(@OyaziDeai)さんが言うように、華の会メールは30代以上しか使えません。

30代以上の熟女や人妻と出会いたい場合は、華の会メールがおすすめです。

以前は20代の女性も登録できましたが、現在は30代以上しか登録できなくなっています。

詳しい年齢層については、後述する「華の会メールの年齢層・会員層」で解説しています。

華の会メールBridalはどんなもの?

次に、出会い系オヤジ(@OyaziDeai)さんは「婚活サービスに切り替えられる」という点を評価していました。

冒頭でもお伝えしたとおり、華の会メールは恋活・婚活を自由に切り替えられます。

このようなシステムは、他の出会い系にはありません。

ただ、出会い系オヤジ(@OyaziDeai)さんが言うとおり、婚活サービスである「華の会メールBridal」は「華の会メールのアダルト掲示板が見られない」というだけなので、イメージ的には、“真剣な恋愛目的の人が遊び目的の人を除外して使いやすいようになっている”という感じの仕様です。

その点以外は基本的にすべて華の会メールと同じです。

華の会メールの悪いところ

次に、出会い系オヤジ(@OyaziDeai)さんに華の会メールの悪いところを尋ねました。

その回答が以下の5つです。

  • 若い人とは出会えない
  • 地方はかなり人が少ない
  • キャッシュバッカーが多い
  • 1メールあたりの料金が高い
  • アプリがない
華の会メールのあまり良くないところとは?

華の会メールは、30代未満の女性とは出会えません。

そのため、若い女性を探している方は他の出会い系アプリを使いましょう。

また、「人妻や熟女と出会いたい」と考えている30代未満の男性も登録できません。

なお、華の会メールは会員の約半分が「50代以上」で、30代は4人に1人程度しかいません。

「30代の人妻がいい」という方も、大手出会い系アプリのほうが出会いやすいです。

会員数が少ないのが難点という出会い系オヤジ(@OyaziDeai)さんの意見

大都市以外では「人が少ない」という意見です。

華の会メールは累計会員数を公表していませんが、以前まで会員数を表示していました。

そこから推測すると約30万人前後なのですが、これはハッピーメールと比べると100分の1程度です。

都市部の方は「ライバルが少ない」というメリットがありますが、地方ではほとんど出会えない可能性もあるので気をつけてください。

キャッシュバッカーが多いと指摘する出会い系オヤジ(@OyaziDeai)さん

出会い系オヤジ(@OyaziDeai)さんの言うとおり、華の会メールは非常にキャッシュバッカーが多いです。

その理由はキャッシュバック条件が良いからです。

詳しくは下の比較表を参考にしてください。

各出会い系のキャッシュバックポイントの比較
出会い系アプリメール受信のキャッシュバック
ハッピーメール1円/掲示板からメール1通受信
PCMAXなし
ワクワクメール1円/掲示板からメール1通受信
Jメール5円
華の会メール3円/メール1通受信

つまり、女性が掲示板に書き込んだとしましょう。

男性から100件メールが来たら、ハッピーメールなら100円分キャッシュバックしてもらえるわけです。

華の会メールの場合は、300円です。

それどころか「掲示板から」という縛りがないため、メールを受信すればするほどキャッシュバックされます。

実際に、華の会メールで稼いでいる女性は少なくありません。

メッセージ送信料が高いという評価

華の会メールは出会うのに必要な料金が他の出会い系より高いです。

たとえば、ハッピーメール、PCMAXなどほとんどの出会い系アプリはメール1通あたりの料金は50円です。

しかし、華の会メールは100円かかってしまいます。

出会い系のメール送信料の比較
出会い系メール1通の料金
ハッピーメール50円
PCMAX50円
ワクワクメール50円
Jメール70円
メルパラ60円
華の会メール100円

メール送信料だけじゃなく他の料金もすべて高めに設定されています。

たとえば、女性から来たメールを開封するだけで20円分のポイントが必要です。

華の会メールにはアプリ版がない

華の会メールにはアプリ版がありません。

多くの出会い系サイトにはアプリ版があり、アプリでログインすると無料でポイントをもらえるサービスを実施しているところばかりです。

しかし、華の会メールはブラウザ版だけなので、そのような特典もありません。

ログインボーナスに近い「ガチャ機能」はありますが、こちらは入金実績がないと利用できません。

アプリがないのはあまりデメリットにはならない?

華の会メールの口コミ・評判 – 一般ユーザーの体験談と意見

出会い系オヤジ(@OyaziDeai)さんは、言ってみれば“出会い系玄人”なのでややプロ寄りの意見になりますが、一般のユーザーが華の会メールをどう評価しているのか調査してみました。

ここでは、華の会メールの一般的なユーザーによる「良い口コミ・評判」と「悪い口コミ・評判」をそれぞれ紹介します。

華の会メールの良い口コミ・評判

最も多かったのが、「華の会メールで知り合った熟女・人妻とセックスできた」といった口コミ・評判です。

華の会メールは30代以上しか登録していない上に、遊び・割り切り目的が多いので、確実に熟女・人妻と出会える可能性が高い出会い系サイトです。

「可愛かった」「美人だった」という口コミ・評判も少なくありません。

華の会メールを使えば、可愛くて美人な熟女・人妻と大人の関係を持てる可能性があります。

ただ、女性の写真を閲覧するのは6ポイント(60円)消費してしまうので気をつけてましょう。

また、華の会メールは多くの会員が写真を載せていません。

可愛い・美人な女性が多いのはたしかですが、どのような人が来るのかは会ってみないとわからないところもあります。

華の会メールには婚活したり健全な目的で使ったりしている人もいます。

ただ、後述しますが、華の会メールで婚活するのはあまり効率的ではありません。

30代以上の方で真剣に結婚相手を探したい場合は、マリッシュR18youbride(ユーブライド)R18などの中高年・熟年世代専用のマッチングアプリを使うのがおすすめです。

華の会メールの悪い口コミ・評判

次に、どちらかと言うとあまり良くない評判や口コミを見ていきましょう。

多かったのが「キャッシュバッカーがいる」という口コミ・評判です。

キャッシュバッカーとは、キャッシュバック制度をして「お金儲けしよう」と企む女性のことです。

女性はメールを送ったり掲示板に投稿したりするとローズが貯まり、ギフト券などと交換できるのですが、これを「キャッシュバック」と呼びます。

こういったキャッシュバック目的の女性とは出会えないので注意してください。

キャッシュバッカーの特徴などについては後述しています。

「業者がいる」という口コミ・評判もありました。

華の会メールには少なからず援デリ業者が潜んでいるので注意してください。

男性と違って無料でメッセージできるため、援デリ業者がお店の女性を使って登録しているのです。

出会い系オヤジ(@OyaziDeai)さんの意見と同じように「料金が高い」という口コミ・評判も少なくありません。

華の会メールはキャッシュバッカーが多いうえに、ポイント消費も激しい出会い系アプリです。

最悪の場合、キャッシュバッカーに何千、何万もつぎ込んでしまう恐れがあります。

華の会メールの口コミ評価・評判のまとめ

口コミ・評判をまとめます。

高評価の口コミ・評判
  • 華の会メールは人妻・熟女とセックスできる
  • 会員の質が高く、意外と美人もいる
低評価の口コミ・評判
  • キャッシュバッカーなどの危険人物が多い
  • 料金が他の出会い系よりも高い

華の会メールの出会い体験談 – 口コミ・評判の実態を徹底検証!

これまで調査してきた口コミ評価や評判が華の会メールの実態と照らし合わせて正しいのかを検証するために、実際に使って調査してみました。

華の会メールで本当に出会えるか調査
華の会メールを調査したときの写真

ここでは3ヶ月真剣に使ってわかった、華の会メールの実態を紹介します。

どれだけ出会える?

華の会メールを3ヶ月使ってみた出会いの成果
調査項目結果
メールを送ってくれた女性28人
メールを返した女性10人
返信が来た女性5人
出会えた女性2人

3ヶ月使って2人の女性と出会えました。

出会えた女性の詳細は以下のとおりです。

  • 48歳の人妻。旦那とセックスレスらしい。意外ときれいな身なりでセレブな雰囲気。初回のデートはお茶のみ。2回目のデートでホテル。現在も関係継続中。
  • 52歳の人妻。最初の女性と打って変わってやんちゃな雰囲気。旦那公認で婚外恋愛を楽しんでいるらしい。ホテルが満室だったので、車の中でフェラしてもらった。

2人ともタイプは違いましたが、楽しかったです。

危険人物はいる?

今回の調査時は、実際に会うことはなかったですが、危険人物と思われる相手はいました。

どういうことかというと、カカオトークやLINEの交換を打診すると連絡が途絶えてしまうケースが多々あったのです。

これはキャッシュバッカーの特徴です。

キャッシュバッカーは華の会メール上でメールをやりとりしないと儲かりません。

そのため、カカオトークやLINEの交換を持ちかけられると「稼げないな」と判断し、音信不通になることが多いのです。

残念ながら、こういったユーザーは3ヶ月で5~6人いました。

出会うのにどれだけかかる?

今回、10人の女性に54通のメールを送ったのですが、合計で5,000円課金しました。

5,000円で2人の女性と出会えたので、1人あたり2,500円で出会えた計算になります。

1人あたり2,500円という数字は、風俗と比較すれば非常にリーズナブルです。

ただ、ハッピーメールやPCMAXは1人あたり1,200円前後だったので、それらの大手出会い系アプリに比べると「高い」と言えます。

【結論】出会えるものの大手には劣る

以上のことから導き出された結論が以下のとおりです。

  • 華の会メールは出会えないことはない
  • 実際に使ってみても、3ヶ月で2人の人妻熟女と出会えた
  • キャッシュバッカーなどの危険人物がいて、 ポイントが無駄になった
  • メール1通分の料金が相場の2倍なので、単純に大手の2倍お金がかかる

そもそも使っていて感じたのが「人が少ない」という点です。

たとえばハッピーメールやPCMAXなどの大手なら、地方の掲示板でも常に賑わっています。

しかし、華の会メールでは、2日に1回程度しか書き込まれないエリアもありました。

地域によってはやや過疎っている華の会メールの掲示板
華の会メールの掲示板

一方で都会はキャッシュバッカーが多いため、慎重にやりとりしなければなりません。

「30代以上限定」とはいえ、このようにそもそも人が少ないため、人妻や熟女と出会いたいならまずは大手出会い系アプリを使う方がいいかもしれません。

華の会メールに向いている人

実際に使ったうえで、華の会メールがおすすめな人の特徴を3つ紹介しします。

  • お金をかけてもいいから確実に熟女と出会いたい人
  • 熟女にしか興味がない人
  • 既婚者で出会いを求めている人

これらに当てはまる人は、華の会メールを使ってみる価値があります。

お金をかけてもいいから確実に熟女と出会いたい人

華の会メールはたくさんお金をかければ、確実に30代以上の女性と出会えます。

中には本当に出会いを望んでいる女性もいるからです。

実際に使ってみても2人の女性と出会えましたし、「会えた」という口コミ・評判がいくつもあります。

ただし、残念ながらコスパが良いとは言えません。

大手出会い系アプリより2倍の料金がかかりますし、キャッシュバッカーも非常に多いことから、本物の女性を見つけるのに時間がかかってしまうのです。

そういったデメリットを踏まえた上で、それでも「確実に30代以上の女性と出会いたい」「熟女のセフレがほしい!」という方は華の会メールが向いています。

熟女にしか興味がない人

「熟女としか出会いたくない」という方は華の会メールを使うのがおすすめです。

華の会メールには、30代未満の女性は存在しません。

大手出会い系アプリは20代がメインなので、絞り込み検索しないと30代以上が表示されません。

そういった手間が「面倒だ」と感じる方は華の会メールの方が使いやすく出会いやすいです。

既婚者で出会いを求めている人

華の会メールには既婚者専用の掲示板があるので既婚者が出会い探しをするのにも便利な出会い系サイトです。

華の会メールは既婚者同士の出会いにも向いている
華の会メールの既婚者専用掲示板

ハッピーメールやPCMAXなど大手出会い系アプリに既婚者専用の掲示板はありません。

アダルト掲示板の中にある一つのジャンルとして「既婚者」があるだけです。

華の会メールは既婚者専用の掲示板が作られるほど、既婚者から人気があります。

華の会メールに向いていない人

次に、華の会メールをおすすめできない人の特徴を4つ紹介します。

  • たくさんの女性と出会いたい人
  • 手っ取り早くセフレを作りたい人
  • 会うまでにかかるお金を抑えたい人
  • 本当に結婚したい人

これらに当てはまる方は、別の出会い系を使いましょう。

たくさんの女性と出会いたい人

たくさんの女性と出会いたい人はハッピーメールやPCMAXがおすすめです。

残念ながら、会員数は大手出会い系アプリの足元にも及びません。

具体的に比較すると、以下のとおりです。

華の会メールと大手出会い系の会員数の比較
出会い系累計会員数
ハッピーメール2,700万人
PCMAX1,600万人
ワクワクメール950万人
華の会メール約30万人

このように華の会メールはハッピーメールと比べると、100分の1程度の会員しかいません。

つまり、出会える量も単純計算で100分の1になってしまうわけです。

さらにキャッシュバッカーの割合はハッピーメールより高いので、本物の女性に出会える可能性はさらに低くなります。

手っ取り早くセフレを作りたい人

手っ取り早くセフレを作りたい人も華の会メールには向いていません。

華の会メールの女性は「ガードが固い」として評判だからです。

なお、これはガードが固いのではなく、単にキャッシュバッカーが多いだけなので気をつけてください。

華の会メールはキャッシュバック率が非常に高く、「お金を稼ぎたい」という女性から人気があります。

つまり、セフレを作ろうとしても相手の女性が「キャッシュバッカーかどうか」を見極めなければならないため、時間とお金を消費してしまうのです。

手っ取り早くセフレを作りたいなら、キャッシュバッカーがほぼいないPCMAXがおすすめです。

会うまでにかかるお金を抑えたい人

会うまでにかかるお金をできる限り抑えたい人は華の会メールにはあまり向いていません。

キャッシュバッカーが多いうえに料金相場も大手出会い系の2倍だからです。

華の会メールは登録時に1,500円分のポイントがもらえますが、メール送信料が1回あたり100円なので、大手出会い系アプリより送れる回数は少ないです。

ポイントがもっともお得なワクワクメールと比べてみても一目瞭然です。

華の会メールとワクワクメールの無料ポイント数とメール送信料金の比較
サイト(無料ポイント数)メール1通あたりの料金送信できるメールの回数
華の会メール(1,500円分)100円15回
ワクワクメール(1,200円分)50円24回

さらに、華の会メールはログインボーナスでポイントをもらえません。

つまり、お試しポイントを消費したら購入するしかないのです。

本当に結婚したい人

華の会メールは真剣な婚活サービスにも切り替えられますが、本当に結婚したい人にもおすすめできません。

その理由は真面目なサービスである「華の会メールBridal」も、大人の出会い目的で利用できないだけで華の会メールと同じだからです。

一見すると、華の会メールBridalは真面目な人しかいないように感じます。

しかし、華の会メールとルールは同じなので、女性は男性にメールを送るとローズがどんどん貯まるわけです。

したがって、華の会メールBridalも華の会メール同様キャッシュバッカーが存在する可能性があるというわけです。

一般的なマッチングアプリや結婚相談所にキャッシュバック制度はないので、キャッシュバッカーに騙される心配をする必要なく婚活ができます。

それに対して、華の会メールの場合は、本当に結婚したい人が華の会メールを使っても、なかなか出会えないどころかキャッシュバッカーに出会って損をしてしまう恐れもあるのです。

華の会メールの年齢層・会員層

華の会メールに興味を持った人が気になるのは「どういった人と出会えるのか」ですよね。

そこで、ここからは具体的に華の会メールの年齢層・会員層を紹介します。

まず、華の会メールの年齢層は以下のとおりです。

華の会メール登録者の年齢層
華の会メール登録者の年齢層

最も多い年代は50代です。

30代も多いですが、この中には援デリ業者なども含まれているので気をつけましょう。

本物の女性は「50代以降が多い」と考えてください。

続いて、華の会メールの登録エリアは以下のとおりです。

華の会メールユーザーの登録地域
華の会メールユーザーの登録地域

割合でみると、東京・関東と近畿地方以外は、どの地域もまんべんなく登録者がいます。

ただ、そもそも会員数が少ないため、「まんべんなく登録している≠どの地域にも会える人がいる」というわけではありません。

むしろ、「地域を問わず登録者がいる≠どの地域も登録者が少ない」というイメージです。

東京・関東と近畿地方以外はなかなか出会えない可能性があります。

次に、女性会員のレベルは以下のとおりです。

華の会メールの女性ユーザーの特徴
華の会メールの女性ユーザーの特徴

ルックスと性格の良さはハイレベルです。

一方で大人の関係メインの出会い系じゃないため、エロさと話の早さは高くありません。

婚活サービスではないため、真面目さも低いです。

キャッシュバッカーを除けば、「ゆっくりと婚外恋愛を楽しむ・もしくは時間をかけて性的なパートナーを探す」という目的の女性が多いと考えてください。

華の会メールにいる危険人物・要注意人物の特徴

華の会メールには少なからず危険人物が潜んでいます。

中でも以下のら3つのタイプの危険人物には気をつけましょう。

  • キャッシュバッカー
  • 業者
  • その他の危険人物

キャッシュバッカー

最も気をつけなければならないのがキャッシュバッカーです。

華の会メールは、キャッシュバック率が他の出会い系サイトよりはるかに高いからです。

このような特徴が見られた場合は、キャッシュバッカーの可能性が非常に高いので気をつけてください。

  • いつまで経っても連絡先交換できない
  • メールの返信が異常にスピーディー
  • メールが短すぎる
  • 毎日掲示板に書き込んでいる
  • 日記を大量に書いている

華の会メールは、他の出会い系アプリと違って掲示板に投稿したり日記を書いたりしただけでもローズがもらえます。

他の出会い系アプリでは「日記を書いている=危険人物の可能性が低い」と言えますが、華の会メールはそうとは断言できないので注意すべきです。

※参考記事

業者

華の会メールには業者もいます。中でも援デリ業者は多くの男性にとって悩ましい存在です。

  • すぐに条件の話を持ちかけてくる
  • 待ち合わせ場所を変更できない
  • 待ち合わせ場所に遅れてくる
※参考記事

特に、待ち合わせ場所を変更できない場合は援デリ業者の可能性が高いです。

援デリ業者は派遣できる女性のエリアが決まっているため、待ち合わせ場所を変えられません。

待ち合わせ場所に男性スタッフを派遣しお客さんが「来ているかどうか」をチェックするため、女性はいつも遅れてやってきます。

援デリ業者の派遣する女性は華の会メールのサイト上のプロフィールとは全然違う別人なので、淡い期待を抱いて会ったりしないようにしましょう。

その他の危険人物

華の会メールでは、「美人局」「ぼったくりバー」にも注意してください。

こういった危険人物の特徴は以下のとおりです。

  • 女性のほうから誘ってくる
  • 「行きたいホテルやバーがある」と行き先を指定してくる

どちらも目当ては「お金」です。

これらの特徴が見られた場合は、警戒心を強めましょう。

華の会メールの安全性を評価!

華の会メールには危険人物も少なくないですが、サイト自体は安全です。

その理由は4つあります。

  • 法人が運営
  • インターネット異性紹介事業届出済み
  • 年齢確認が必須
  • TVなどのメディアで紹介

法人が運営

サクラ詐欺をはたらくような危険な出会い系アプリは法人が運営していたとしても、会社名は表に出しません。

警察から摘発される恐れがあるからです。

一方、華の会メールは「インターワークス株式会社が運営している」と公表しています。

華の会メールの運営会社「インターワークス株式会社」の公式Webサイト
インターワークス株式会社の公式Webサイト

[出典] インターワークス株式会社

インターワークス株式会社は、NTTやソフトバンクテレコム株式会社と取引している健全な企業です。

きちんと運営元を明らかにしている点は、華の会メールが健全な出会い系である証拠のひとつです。

インターネット異性紹介事業届出済み

華の会メールは法的にも安全性を認められています。

「インターネット異性紹介事業」として受理されているからです。

出会い系サイトを運営するには、警察署長を経て公安委員会に「インターネット異性紹介事業」を届け出なければなりません。

つまり、警察のチェックが入ってはじめて出会い系を運営できるのです。

華の会メールは、公式サイトに「インターネット異性紹介事業」として受理されていることを記載しています。

華の会メールの「異性紹介事業届出」に関する表記
華の会メールの「異性紹介事業届出」に関する表記

つまり、「法的に安全なサイトである」と言えるわけですね。

年齢確認が必須

また、華の会メールは2つの方法によって「18歳以上である」と証明しなければ出会えません。

  • 公的身分証明書の提出(撮影して送信)
  • クレジットカード決済
警察庁による異性紹介事業に関する説明ページ
警察庁による異性紹介事業に関する説明ページ

[出典] 警察庁[PDF]

逆に言うと、公的身分証明書が必要ない出会い系アプリは非常に危険です。

利用してしまうと、警察から摘発される恐れがあるので決して使わないようにしましょう。

TVなどのメディアで紹介

華の会メールはさまざまなメディアで取り上げられています。

  • 「令和のベストヒット賞」に掲載
  • 東京駅・新橋駅・五反田駅にビルボード広告
  • CSNリサーチの「中高年が選ぶマッチングサイト」で3年連続1位

こういった点も華の会メールに信頼と実績がある証拠です。

悪質な出会い系であれば、メディアに取り上げられることも都会に広告を出すこともできません。

華の会メールの使い方

ここからは具体的に華の会メールの使い方を紹介します。

華の会メールの使い方は、他の出会い系と大差ありません。

華の会メールの使い方
華の会メールの使い方

華の会メールの登録方法

まずは華の会メールに登録しましょう。

華の会メールのトップから「男性登録」をタップしてください。

華の会メールへの登録は公式WebサイトTOPページからできる
華の会メールの登録画面

登録の際に入力するのは以下の項目です。

  • ニックネーム
  • 携帯番号
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 生年月日
  • 地域
  • スタイル
  • 身長
  • 血液型
  • 掲示板タイトル
  • 掲示板内容

生年月日などは公開されませんし、あとで変更可能です。

「掲示板タイトル」「掲示板内容」を書くと、華の会メールの「ピュア掲示板」に自動的に投稿されます。

本来は10ポイント(100円分)消費するのですが、初回に限り無料です。

なお、登録すると150ポイント(1,500円分)もらえます。

こちらは初回限りであり、再登録の際などはもらえないので気をつけましょう。

プロフィールの設定方法

次に、プロフィールの初期設定をします。

プロフィールの設定項目は大きく分けて2つあります。

  • プロフィール写真
  • 選択項目とコメント

いずれの場合も、華の会メールにログインして、「ホーム」にある「Myプロフの確認・変更」をタップしてください。

プロフィールは「Myプロフの確認・変更」からおこなう
華の会メールのプロフィール登録画面

お好みの項目を変更します。

プロフィール写真を登録すると、初回のみ50ポイント(500円分)もらえるのでお得です。

華の会メールで女性を探す方法

写真とプロフィールを設定したら、女性を探しましょう!

女性を探す方法は次の2つです。

  • 掲示板
  • プロフ検索

どちらも画面下にあるメニューから利用できます。

華の会メールの掲示板のページ
華の会メールのプロフィール検索画面

掲示板は2種類の使い方が可能です。

  • 募集を閲覧して女性にメールを送る
  • 募集の投稿して女性からのメールを待つ

このうち「募集の書き込みを閲覧して女性にメールを送る」方法はあまりおすすめできません。

なぜなら、キャッシュバッカーの書き込みが非常に多いからです。

女性は掲示板投稿でキャッシュバックしてもらえるため、出会い目的じゃない人も投稿しています。

募集の投稿は10ポイント(100円分)消費してしまいますが、1日1回なら無料です。

プロフィール検索自体は無料ですが、女性のプロフィール閲覧で2ポイント(20円分) 消費してしまうので気をつけましょう。

華の会メールで女性と会う方法

気になる人を見つけたら、メールを送ってみましょう!

メールは1通10ポイント(100円分)消費すると送れます。

ただ、マッチングアプリと違って「すぐに会いたい」と考えている人が多く、5通程度のやりとりでデートの約束や連絡先交換ができます。

メールを引き伸ばされたり連絡先交換を拒まれたりした場合は、キャッシュバッカーの可能性が高いので相手を見極めつつ慎重にやり取りするようにしましょう。

華の会メールと華の会Bridalの違い

華の会メールには「華の会メールBridal」という婚活サービスがあります。

違いは以下のとおりです。

華の会メールと華の会メールBridalの違いと比較
華の会メール華の会メールBridal
既婚者表示される表示されない
アダルトカテゴリー表示される表示されない
料金男性:100円(メール1通)
女性:無料
男性:100円(メール1通)
女性:無料
女性のキャッシュバックありあり

違いは既婚者とアダルトカテゴリーが表示されなくなるだけです。

料金も同じですし、女性は男性からメールをもらうとキャッシュバックされます。

つまり、華の会メールBridalは“婚活サービス”ということになってはいるものの、単に既婚者とアダルトカテゴリーが表示されないだけで華の会メールと同じなのです。

華の会メールの料金

華の会メールは無料で登録・利用できます。

ただ、メールの送受信やプロフィール閲覧に有料のポイントが必要です。

ここでは詳しい料金について解説します。

華の会メールの料金・支払い方法一覧

ポイントは一気に購入すればするほどお得になります。

華の会メールの課金額と追加ポイント数の一覧
課金額追加ポイント数
1,500円150ポイント
2,000円200ポイント
3,000円300ポイント
5,000円600ポイント
7,000円800ポイント
8,000円900ポイント
10,000円1,300ポイント
15,000円1,900ポイント
20,000円2,700ポイント
25,000円3,300ポイント
30,000円4,100ポイント
50,000円6,800ポイント
100,000円13,600ポイント

決済方法は以下のとおりです。

  • 銀行振込
  • Paidy翌月払い(コンビニ/銀行)
  • PayPal
  • クレジット(VISA・MasterCard・JCB・AMEX・Diners)
  • Yahoo!ウォレット
  • 楽天Edy
  • ペイジー
  • 華の会メールプリペイドカード
  • コンビニ決済

最もお得なのは銀行振込です。

※銀行振込は振り込み手数料が必要。

華の会メールのポイント消費一覧

華の会メールの機能と消費ポイント一覧
機能消費ポイント数
メール閲覧2ポイント
送信10ポイント
掲示板閲覧2ポイント
書き込む10ポイント
(1日1回無料)
プロフィール閲覧2ポイント
日記・つぶやき投稿無料
閲覧無料
コメント無料

やはり、華の会メールのポイント料金設定は全体的に高いです。

特に、他の出会い系アプリならメールの受信は無料なのですが、華の会メールは毎回2ポイント(20円分)かかってしまいます。

他の料金も、今までお伝えしてきたとおり相場の2倍です。

「安く使いたい」という方はハッピーメールやPCMAXなどリーズナブルな出会い系を利用しましょう。

華の会メールと他の出会い系アプリとの比較

華の会メールの利用を検討している場合は、「本当に華の会メールでないと出会えないか」を基準に検討するのがおすすめです。

ここでは華の会メールと「マッチングアプリ」「その他の出会い系」をさまざまな項目で比較します。

華の会メールとマッチングアプリの比較

まず、人気No.1マッチングアプリであるPairs(ペアーズ)と比較しました。

華の会メールとPairs(ペアーズ)の比較
比較・評価項目華の会メールPairs(ペアーズ)
女性の目的友達探し
既婚者同士の出会い
婚活・恋活
キャッシュバック
婚活・恋活
無料で出会える可能性可能不可
既婚者の登録可能不可
大人の出会い目的での利用可能不可
料金ポイント制
男性:100円(メール1通)
女性:無料
月額課金制
男性:3,700円~
女性:無料
女性のキャッシュバックありなし
累計会員数30万人以上1,500万人以上
特徴・30代以上しか登録できない
・既婚者や遊び目的が認められている
・大人の出会い目的の利用も可能
・キャッシュバック機能で女性がお金儲けできる
・婚活・恋活限定のマッチングアプリ
・既婚者や遊び目的は強制退会などのペナルティを科せられる
・10万個を超えるコミュニティで同じ趣味の異性を探せる

まず、Pairs(ペアーズ)は独身しか登録できませんし、大人の出会い目的での利用もできません。

一方で華の会メールは既婚者でも登録可能で、大人の出会い目的での利用もできます。

累計会員数はPairs(ペアーズ)のほうが約50倍多いです。

メインとなる会員は20代ですが、そもそも母数が多いため、30代以上もたくさん登録しています。

真剣に婚活・恋活したい場合はPairs(ペアーズ)、遊び相手や大人の出会い目的での利用したい場合は華の会メールを使いましょう。

➡ Pairs(ペアーズ)公式R18

華の会メールと出会い系アプリの比較

華の会メールと大手出会い系の比較
華の会メールハッピーメールPCMAXワクワクメール
会員数30万人以上2,700万人以上1,600万人以上950万人以上
料金男性:100円(メール1通)
女性:無料
男性:50円(メール1通)
女性:無料
男性:50円(メール1通)
女性:無料
男性:50円(メール1通)
女性:無料
プロフィール閲覧20円無料10円無料
メッセージ開封20円無料無料無料
掲示板投稿100円50円50円無料
特徴30代以上限定の出会い系国内最大級の出会い系アプリ大人の関係に特化した出会い系アプリ無料で出会えるチャンスが多い出会い系アプリ

華の会メールは非常に累計会員数が少ないです。

その上、料金が相場よりもかなり高いです。

これから出会い系を使う方は、まずハッピーメールやPCMAXなどの大手の出会い系を利用した方がいいかもしれません。

大手の出会い系で出会えない、もしくは「どれだけお金がかかっても30代以上の女性しか出会いたくない」という方は華の会メールを使うという選び方がいいです。

華の会メールよりも出会える可能性が高いおすすめの出会い系アプリは以下の3つです。

アプリ人気No.1!
ハッピーメールの公式サイト

出会い系初心者がはじめに使うべきなのはハッピーメールです。

ハッピーメールは累計会員数2,700万人の超大型出会い系アプリで地方の人も出会いやすいですし、料金もリーズナブル。

華の会メールより100倍近い会員がいるので、単純に比較して100倍出会えるチャンスがあるということになります。

華の会メールでは20ポイント(20円分)必要なメール・プロフィール閲覧もハッピーメールでは無料で可能です。

30代40代以上の人妻・熟女も多いので、中高年・熟年世代の出会い探しには最適な出会い系です。

➡ ハッピーメール公式R18

解説

ハッピーメールのユーザー数が出会い系の中で圧倒的なまでに多いのは、シンプルに“出会いやすいから”という理由から。

アプリストアの人気チャートランキングで出会い系の中で常時1位をキープし続けていることが人気の高さと出会いやすさを裏付けています。

“アプリ人気が高い=安心感がある=人妻や熟女の女性も気軽に使いやすい”という好循環から出会いやすさに定評があります。

会えるアプリを探しているのなら必携のアプリです。

出会い系で一番出会いやすい!
ワクワクメールの公式サイト

大人の出会いから恋活や婚活まで、いろんな目的で出会える超・おすすめ出会い系。とはいえ、ユーザーに一番人気なのは、やはり「大人の出会い」。セフレや割り切りの相手を募集する女性ユーザーがとにかく多いことが特徴です。

本当に会える一般女性の多さでは出会い系の中で群を抜いており、出会いやすさという面ではPCMAXをはるかに超えるおすすめの出会い系です。

ストレスなく簡単に出会いたいという人や出会い系アプリ初心者に特に向いています

➡ ワクワクメール公式R18

解説

「出会い系サイト、出会い系アプリの中で一番いいのはどれ?」と聞かれたら最初に思い浮かぶのがワクワクメールです。

ワクワクメールではハッピーメールなどに多い業者の排除に成功していて、とにかく出会いやすいのが特徴。

パパ活や割り切り・セフレ目的の一般人の女性ユーザーも急増しているので、さらに簡単に出会えるようになっているおすすめの出会い系です。

SNS的な使い方をする30代・40代の人妻熟女も多く、そういった女性と仲良くなれればお気に入りのセフレを作れる可能性もあります。

2022年大注目!
PCMAXの公式サイト

手っ取り早くセフレを作りたいならPCMAXがおすすめです。

PCMAXは大人の関係での出会いに特化した出会い系アプリです。

華の会メールでもセフレを作れる可能性はあるものの、そこまで効率的ではありません。

ですが、PCMAXは女性も割り切りやセフレ作りが目的の人が多いので、数通メールを送るだけでセフレを作れる可能性があります。

プロフィールの設定項目などにもアダルト要素が盛り込まれていて大人の出会いに関心や興味がある女性が多いのです。

女性ユーザーのアクセス数が過去最高を記録するなど、セフレ募集や割り切り・パパ活も盛んな注目の“セフレアプリ”です。

➡ PCMAX公式R18

解説

PCMAXが強みを発揮するのは、セフレや大人の関係といった大人の出会い。遊び相手を探すのであれば、PCMAXは欠かせない必須の出会い系アプリです。

特に、大人の関係やセフレ関係が希望の場合は、PCMAXを使って探すのが一番おすすめです。

華の会メールの評価のまとめ

華の会メールについてまとめます。

  • 華の会メールは30代以上の方におすすめの出会い系アプリ
  • 30代以上しか登録できず、熟女・人妻と出会える
  • しかし、そもそも人が少ないうえにキャッシュバッカーが大量にいる
  • 華の会メールBridalという婚活サービスもあるが、あまり違いはなくあまり使えない
  • 30代以上の方で真剣に結婚相手を探したい場合は、マリッシュR18youbride(ユーブライド)R18の方がおすすめ
  • 遊び目的や大人の関係が目的の場合は、まずはハッピーメールR18ワクワクメールR18PCMAXR18を利用するべき

華の会メールも他の大手出会い系アプリも、すべて無料で使えます。

気になる方は、まずは実際に登録してみて、「自分に合っているかどうか」をチェックしてみましょう。

➡ 華の会メール公式R18

著者イメージ
著者:K.Takashi / 公式Twitter
ワクワクメールとハッピーメールを皮切りに様々な出会い系アプリ、マッチングアプリを体験。利用歴は5年以上。

The Boys&Girls