The Boys&Girls

ワクワクメールのクラス特典「プラチナ」をクレジット決済で目指して大失敗した体験談

Published

出会い系マッチングアプリ「ワクワクメール」のクラス特典「プラチナ」を目指してクレジットカード決済でポイント購入した際の体験談。クレジット決済で10万円分のポイントを購入して「プラチナ」クラスになってみて分かった最もお得なポイントの買い方とは?ポイント購入時の注意点と併せて徹底解説!

クラス特典「プラチナ」とは?

ワクワクメールには、直近の180日間のポイント購入額に応じてステータスが上がる「クラス特典」という仕組みがありますが、「プラチナ」はその最上位のクラスです。

クラス特典「プラチナ」のステータスに到達するためには、対象期間中に合計で 10 万円分のポイントを購入しなければならないというなかなか厳しい条件があります。

ですが、「プラチナ」クラスになると、やり取りする相手の募集履歴や被通報回数などが分かるようになり出会いの効率が格段によくなるというメリットがあるので、長い目で見れば十分に目指す価値があるステータス・特典と言えます。

※参考記事

クレジット決済で「プラチナ」を目指すと損をする

今回僕は、前々から気になっていたワクワクメールの「プラチナ」を目指して、まさに“清水の舞台から飛び降りる”かのような心境で思い切って 10 万円分のポイントを購入してみたのですが、大きな失敗をやらかしてしまいました。

「プラチナ」を目指してポイントを買う場合決してやってはいけない選択ミス、それは「クレジット決済」でポイント買うことだったのです。

「プラチナ」クラスを目指すを目指す場合は、50,000円を2回 決済するというやり方ではなく、小まめに決済を繰り返すことでステータスを順に上げて、入金ボーナスを最大限獲得しながらポイントを買うというのがおすすめの方法です。

その際、気をつけなければいけないのはクレジット決済では銀行振込などでポイントを買う場合とは異なり M(モバイラーズ) が一切加算されないということです。

今回僕は、高額決済を前に完全に舞い上がっていてそのことをすっかり忘れていたのでした。。冷静に銀行振込を選択していれば実質78,050円で買えていただけに、このミスは痛恨の極みです涙。。

クレジット決済でのポイント購入明細

参考までに、僕がワクワクメールでクラス特典「プラチナ」を目指して、クレジット決済でポイントを購入した方法と明細を紹介します。

クレジット決済(コレット)で「プラチナ」クラスに到達するまでのポイント購入の方法と履歴
購入額P(ポイント)S(サービスポイント)M(モバイラーズ)ステータス
1,000円100P10S0Mノーマル
1,000円100P15S0Mブロンズ
3,000円300P115S0Mブロンズ
5,000円500P225S0Mブロンズ
40,000円4000P2400S0Mシルバー
50,000円5000P3950S0Mゴールド
100,000円10000P6715S0Mプラチナ

ワクワクメールのポイント購入履歴のスクショ画像も併せて載せておきます。

ワクワクメールでのポイント購入履歴画面
「プラチナクラス」になるまでのワクワクメールでのポイント購入履歴

「ノーマル」クラスの状態から「プラチナ」クラスに到達するまでの一連の過程は以下の画像をタップ(クリック)すると見ることができます。

銀行振込とのポイント単価の違いと比較

クレジット決済でポイントを買う場合は、銀行振込よりも S(サービスポイント) が多くもらえるというメリットがあるものの、ポイント単価はやはり銀行振込の方が圧倒的にお得であることに違いはありません。

銀行振込とクレジット決済(コレット)でポイント購入した場合のポイント単価の比較
入金方法ポイント単価
銀行振込5.06円
クレジット決済5.98円

高額のポイント購入は振込・電子マネーがおすすめ

しかもさらに悔やまれるのは、クレジット決済では M(モバイラーズ) が加算されないことは、実は随分前に知っていたのにも関わらずすっかり忘れてしまっていたということなんです。

引用元:ワクワクメールのポイント購入時のボーナスポイントがすべて M⇒S へと改悪 | 出会い系アプリの評価と口コミ評判

ワクワクメールでクレジットカード決済でポイントを購入するときに追加されるボーナスポイントが、すべて S(サービスポイント)に一本化されました。

~中略~

最大限のボーナスポイントをできるだけ使いやすい状態で受け取るという観点からは、やはり銀行振込を利用するのが一番おすすめのやり方と言えるでしょう。

この引用元の記事にもあるとおり、ポイントは必ず「銀行振込」で買いましょう。僕と同じ失敗をしないようくれぐれも気をつけて下さい!

The Boys&Girls